判子の通販利用 作ってみたらこうなった

普段判子なんてそうそう頻繁に使うものではありません。
ですが、いざというとき必要になるのが印鑑です。

 

今までは、三文判を使用し、またそれを印鑑登録して
実印として使用し、銀行口座開設にも使用するなど
まったく無頓着にしてきました。

 

しかし社会人として印鑑を押す機会も増えて、
認印にも実印として印鑑登録している三文判を使用していて、
これではいけないと痛感し自分だけの判子を作ることにしました。

 

ちゃんと作ろうと思ったきっかけは、いわゆる量産されている
数百円で買える三文判ではダメだと思うことがあったのですが、

 

その理由は何かというと、
どうしても出先で印鑑を押す必要があり購入した判子がありました。

 

その判子は出先の近くにあった文具店で購入したのですが
それを持ち帰り、帰宅して今持っている印鑑と比較したとき
押した印影が全く同じだったことでした。

 

驚きもありながらやっぱりとも思いながら、
防犯や偽造防止の観点でもやっぱりちゃんとした印鑑を
作る必要があるなと痛感したのです

 

せっかくなので、印鑑登録して実印として使用するものを
作ることにしました。

 

 

普通は判子を作るのは文具屋さんか専門店というところですが
とにかく判子、つまり印鑑のことについて何もし知らないので
インターネットで調べてみました。

 

まずどういうところで作れるのか、調べてみました。

 

文具店、専門店、最近はFC展開しているはんこ屋さん、
デパート等でもテナント店があったりもしますが
インターネットでも買えるようです。

 

最近はお店だけではなく、お客さん獲得のため
いろんな業種、いろんなお店がインターネットでも販売を
やっています。

 

食品であればお取り寄せなんていって、本来は売っている
お店までいかないと買えなかったものが通販で手に入ります。

 

私も良く利用します。

 

もちろん現地に行って、現地で味わい、現地で購入というのが
理想ですがなかなかそうもいきませんし、行かなくても
おいしいものは食べたいですよね。

 

洋服、書籍、パソコンのアクセサリ等もネットを使って
購入します。

 

印鑑に関しても、インターネットを調べると
とても多くのショップがあって、迷うくらいです。

 

比較的新しい業態のものから、昔ながらの業態のお店まで
いろいろ出店されています。

 

またまた良くみると、ちょっとずつ特徴があって、
開運的な要素を全面に出しているところから、
チタンなど最新の素材を使用した今時の感覚のお店、

 

激安を謳ったものいろいろな特徴のお店があり
とにかく迷います。

 

 

印鑑作成で重要な共通ポイントしては
・書体
・素材
・サイズ
になります。

 

書体も実印に適したもの、銀行印に適したもの
サイズも同様です。

 

サイズに関しては男性と女性で適したサイズが異なります。

 

素材もふつうは象牙、牛角、柘などが一般的ですが
チタンなども最近は有るようです。

 

通常実印などを作る場合、印相など開運に配慮して
作成します。

 

例えばななめ彫りは避けるとかですね。

 

こだわれば、材質や装飾に至るまで吉凶に関係して
くるのですが、どこまでこだわるかという点も出てきます。

 

デザインにこだわったおしゃれな柄模様もありますし
キャラクターをあしらったものもあります。

 

ただそういうものは認印的に使用するのがよいのではと
個人的には感じるところです。

 

印鑑の上下をわかりやすくするために目印(アタリ)に関しても
石などを入れる場合もあります。

 

吉凶的には良くないと言う場合もあるようです。
ちなみにスワロフスキーや宝石を入れられるようですね。

 

あとは納期ですね。
早い所は即日発送してくれるところもあります。

 

素材や加工によっては難しい場合もあるのでしょうが
正午までに注文すれば少し費用を足すなどすることで
即日出荷してくれるところもあります。

 

 

最終的に注文した判子は
実印用で、材質は本象牙で書体は篆書体、サイズは16.5mm
アタリなしで作成しました。

 

象牙はちょっと価格が高いのですが、
せっかくなので奮発しました。

 

柘等であれば数千円で作成可能なのですが、
一生物ですので、開運の意味も込めて奮発です。

 

 

納期は焦らないので通常出荷です。
と言っても、発注日の翌々日に到着です。

 

やっぱりこういうのは待ち遠しいですね。

 

通販のいいところは、自宅に届く瞬間の喜びでしょうか。

 

今どのあたりを動いているのかなと、宅配業者の
配送確認を見ながら、到着を待つ感覚が私は好きです。

 

実際に到着した瞬間はとてもうれしいものです。

 

出来上がった印鑑がさっそく印鑑登録し実印として
使用できるようにしました。

 

契約書など重要な書類へはこの印鑑を使って
押そうと思います。

 

いわゆるここぞという場面ですね。

 

印鑑を作るとか、こういうことを実行するだけで
何だか1つ常識人になったような気がするのは
自分だけでしょうか。

 

実印を作って改めて感じることですが、
気持ちの部分も含めて印鑑を作ることは大人としての
たしなみですし、

 

防犯や偽造防止に意味、そして印鑑を押すという行為に
対して意味を持たせるというという意味で
重要なことではないでしょうか。